2012年9月8日土曜日

【ワークショップ紹介】グローバルな貧困と格差: 南アジアと日本

おおさか社会フォーラム2012・実行委員会主催ワークショップ
グローバルな貧困と格差: 南アジアと日本

9月16日午前/午後 エルおおさか・視聴覚教室(5階)

第1部(午前10時〜12時半)
 第1部は「労働者の権利」・「労働運動の可能性」をテーマに、女性労働者、青年・非正規労働者の苦境、組織化への挑戦、成果と課題を共有します。
 報告者は、バングラデシュのナズマさん(ナズマさんの紹介はフォーラムのチラシをご参照ください)
 首都圏青年ユニオンの河添誠さん
 このテーマを語っていただくのに、もっともふさわしいお二人です。

第2部(午後1時半〜4時)
 第2部は「バングラデシュの児童労働」がテーマです。
 シャプラニール地域連絡会大阪との共催です。
 ナズマさんに、自らの児童労働の経験と、その後のNGOや労働組合での活動にふまえた報告・問題提起をしていただきます。
 「シャプラニール=市民による海外協力の会」の白幡利雄さんは、永年にわたってNGOとしてバングラデシュの児童労働の問題に取り組んできた経験から発言されます。
 お二人の発言の後、参加者との意見交換も予定しています。

 大きなテーマのワークショップですが、二部構成で、思い切ってテーマを絞り込みました。
 一人一人の参加者が、グローバルな貧困と格差の中で希望を持ち続け、周りの人たちとつながっていくヒントに出会うようなワークショップにしたいと願っています

 [ちらし]

0 件のコメント:

コメントを投稿